アンケートデータ入力

自由回答の分析

設問作成後、回答の選択肢を用意するのが通常ですが、初めてのアンケート集計の場合、適当な選択肢が思いつかない、また想定出来ない回答を期待する場合、自由回答で回答してもらいます。
想定出来ないような有効な回答が得られる半面、回答を嫌われ、回答が少なくなる事はいなめません。

自由回答の編集

属性(性別、年齢、職業など)から自由回答を編集
例)女性、20代、会社員+自由回答

属性別にどのような意見や要望などがあるか把握できます。
さらに満足度の設問などがあれば、満足した回答者の意見、不満と回答した意見など把握する事が出来ます。

自由回答の集計分析

回答者から得た自由回答も数多くある場合、それを把握する事は容易ではありません。数多くあるキーワードを分析して、それをカテゴライズして集計分析します。
手間のかかる作業ですが、回答者の実態や意識を把握する有効な手段と言えます。

例)社内アンケート集計

社内改善のために、社員の不満要因を抽出
【01】不満というキーワードが多い場合、何が不満かのキーワードを抽出。
抽出したキーワードを元に、そのキーワードを含んだキーワード全てを抽出。
そのキーワードをカテゴライズして属性などとクロス集計分析、作図、コメントを添えて報告書作成。

その他自由回答

設問作成後、回答として全ての選択肢を用意するのが回答者にとって親切です。
しかし、回答者が要望する選択肢を全て用意する事は意外に困難。準備した選択肢に該当する回答がない場合、「その他」として自由回答項目を設け答えてもらいます。想定出来ない有効な回答を得る事があります。得た「その他」の回答をカテゴライズして集計分析。